いっしゅうかんのうた

日々のよしなしごとをテュリャテュリャ綴るブログ

英2:雰囲気で読んではいけない発音記号

発音練習、最初はこの本から取り組んでいます(まだこの本しか開いてないとも言う)。

『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』

まだDVD(117分)を通しで1回見ただけ…ですが、結構それだけでも目からウロコが落ちた。"hat"と"hut"と"hot"、"she"と"sea"、の違いとか今まで超適当だったところが、そうだったのか!と霧が晴れていくような感じ。先生の発音のあとに真似して言っていくのですが、解説が丁寧なのでわりとイイ発音できてる気がします。 

ただ、勉強時間を毎日のスケジュールに全く組み込めていないのが喫緊の課題。DVDは、毎日テレビの前に2時間拘束されるのは現実的じゃないので、発音の仕方を丁寧に確認したい時に辞書的に使うことにする。でもってCD音源をiPhoneに取り込んでスキマ時間を大活用しようと目論んだのですが、音声だけではまだちょっと厳しかった…! 何の単語を発音してるのか自覚しながらでないと意味がないと思うので、テキスト片手に本腰入れてやるしかない状態です。どうにかして「この時間は発音をやる」ってルール化できるような、ちょうどいい場面を生活の中に見つけなければ。この本の練習自体は苦痛とは感じないので、あとは習慣づけるだけ、なんだけどなー。